個人再生後の住宅ローンの審査基準|審査に通らなかったら?

個人再生をする事で借金を返済することが出来て、生活にもある程度余裕が出来た、そこで住宅を買いたい、ということもあるでしょう。
ですが、個人再生をした後は新たな借り入れは難しいとも言われます。
個人再生後に住宅ローンは組めるのでしょうか。

 

住宅ローンの審査基準

お金を借りる時やクレジットカードを作る時には必ず審査が行われます。
申込者に返済能力があるかどうかを調べておかないと、踏み倒されてしまう危険性があるからです。
これは、住宅ローンについても同じことです。
住宅ローンの審査は、申込者の収入や勤務先、勤務年数、健康状態、そして個人の信用情報などがチェックされます。
個人再生を利用した場合、この信用情報が問題になるのです。
信用情報は、申込者の過去の借り入れ状況や返済の遅滞、自己破産などの借金の状況を表す情報です。
個人再生をするとその情報が残ってしまうのです。
個人再生をしたという事は借金を返せなかったという事ですから、その情報があるうちは住宅ローンの審査はまず通らないでしょう。

 

信用情報機関の情報

個人再生を行った、という情報は信用情報機関に管理されています。
住宅ローンを申し込むと、申し込まれた金融機関はこの信用情報機関に申込者の情報を照会し、返済能力があるかどうかを判断するのです。
この信用情報機関の情報は5〜10年で消えますから、住宅ローンを申し込むならその情報が消えてからにしましょう。
信用情報機関の自分の情報は、その機関に申請すれば取り寄せることが出来ますから、確認しておくといいでしょう。

 

情報が消えているのに審査に通らない場合

信用情報機関から自分の情報を取り寄せて、個人再生の情報が消えているのを確認したのに審査に通らない場合もあります。
その場合は、収入や勤務先などの属性の評価が低かったという事です。
審査基準は各金融機関によって異なりますから、審査の甘い住宅ローンを探してみましょう。
また、個人再生で借金を減らした金融機関のローンは、その金融機関に情報が残っていますから審査を通る事はありません。